代表者経歴


代表者(代表社員):加藤 治 (Osamu Kato)

1969年6月18日 愛知県名古屋市出身

小学生の時に、友達から「太陽の直径は、地球の108倍もあるんだって!」と言われて、天文に興味を持ちはじめる。
市立名古屋科学館(現:名古屋市科学館)の天文クラブに入会、毎月のようにプラネタリウムに通い、学芸員の先生たちを困らせた。
小学5年生の時にお年玉で10cm反射望遠鏡を購入し、様々な天体の姿に魅了される。

星と風景を一緒に撮影する「星景写真」に興味を持ち、高校生の時にそのサークル「B(バルブ)の会」に入会。祖父から借りたカメラで星景写真を始める。
また、その当時にオープンした望遠鏡ショップの常連客となり、高校時代はすっかり天文漬けの毎日となった。

3年間ほど日本全国を周り、星空の美しい場所を求めて様々な場所へ旅行に出かけた。

1991年、望遠鏡ショップ店長の紹介により、名古屋パルコにあった民間のプラネタリウム「アストロドーム」に就職。
やがてオリジナル番組を制作。その中で、寺尾聰氏・由紀さおり氏・西村雅彦氏・藤岡弘、氏・坂上忍氏・デーモン閣下などの当時としては珍しい有名人を起用したプラネタリウム番組を公開していった。
また、パルコの施設の特徴から、プラネタリウムを使った様々な企画も行われ、日比野克彦氏・本木雅弘氏・立花ハジメ氏などの有名アーティストとのコラボレーション企画を行った。さらにプラネタリウム結婚式を商品化にも成功した。

1999年、(株)ベネッセ・コーポレーションの担当者に誘われて、宗像ユリックスプラネタリウムの受託運営の担当者として赴任。
施設運営を始めとして、全国のプラネタリウム番組配給にも参画する。
しかし、「公共プラネタリウム施設は地域で運営されるべき」という意識を持ち始め、当時としては珍しいNPO法人に着眼。
ベネッセ・コーポレーション、宗像市に対して、全国初のプラネタリウムNPO法人の提案が認められる。

2002年、日本で初めてのプラネタリウムNPO法人「エム・ワイ・ピー」を設立し、理事長に就任。
「地域に愛されるプラネタリウム」を目指し活動を開始し、テレビ・新聞等で注目を浴びる。2万人だった入館者数も3万人に増えた。
NPO活動が高く評価され、2011年にプラネタリウムがリニューアルされる。
プラネタリウムの老舗カール・ツァイス社の機器が導入され評判となった。

これまでの経験と知識をさらに活かした活動がしたいと考え、2014年、合同会社アルタイルを設立。
「星空とプラネタリウムのコーディネーター」事業展開を開始。
運営コンサルティングをはじめ、モバイルプラネタリウム、番組の配給など、国内にとどまらず世界目線で活動を行う。新境地を目指す毎日である。

プライベートでは、ネコと戯れる毎日。時々星の写真を撮りに行く。