最新作のご案内

■コスモス・オデッセイ 「宇宙を見つめる探求の旅」(配給予告)

私たちはどのように宇宙を解き明かしてきたか、宇宙についての私たちの理解は天文学の発達とともに拡大してきました。
古代の神話的宇宙に始まり、プトレマイオスの天動説~地動説~望遠鏡の発明によってもたらされた飛躍~スペクトル分析~現代の天文台~最新観測技術に至る天文学の歴史を辿っていきましょう。
制作: KWON O CHUL / 配給: Metaspace

弊社の配給開始などの詳細は、改めてご案内いたします。
詳細は こちら をご覧ください。


■見上げた空のその先に

番組は「空を知らないモグラの子」の物語と「宇宙を知らなかった私たち」の歩みを織り交ぜながら、「見上げた空のその先」を求めて展開していきます。
制作:田島秀樹事務所

詳細は こちら をご覧ください。


■ガイアの銀河

この作品は、天の川銀河の三次元マップを作成することを主な目的とした宇宙望遠鏡「ガイア」から得られたデータをドームマスターに映像化し、プラネタリウム番組として製作しました。
2018年に公開されたDR2のデータによりビジュアル化された三次元の天の川銀河をご覧いただきます。
また恒星の固有運動についても紹介、未来の星空の姿も最新のデータに基づいて再現しています。
制作:合同会社アルタイル

詳細は こちら をご覧ください。


■天文台の星空~南半球チリの星月夜~

この作品は、ヨーロッパ南天天文台が運用する3つの天文台(ラ・シヤ天文台、パラナル天文台(VLT)、ALMA望遠鏡)で撮影された美しい星空の映像を中心に、番組として編集したものです。 高解像度の動画映像(タイプラプス等)や静止画(エクイレクタングラー)を、弊社がプラネタリウムで見やすくするため様々な映像加工処理を行い、ドームマスター化しました。 超巨大望遠鏡やパラボラアンテナ群と共に撮影された星空の映像は、見たものを宇宙へ誘ってくれるような臨場感があります。 日本では見ることができない南半球の星月夜をお楽しみいただける作品となっております。
制作:合同会社アルタイル

詳細は こちら をご覧ください。


■太陽~私たちの母なる星~

ヨーロッパ南天天文台(ESO)が制作したプラネタリウム作品 第3弾となる「太陽~私たちの母なる星~(The Sun – Our Living Star -) 」が、2018年9月に世界に向けて公開され、弊社が日本語版を制作いたしました。この作品はESOが制作した無料作品です。

詳細は こちら をご覧ください。

■素材集:はやぶさ2

はやぶさ2の素材集を制作しました。
詳細は こちら をご覧ください。